4.社会体験・自然体験プログラム等の実施

①目的
生徒と学習支援員、生徒同士の交流や親睦を深めるため、また社会体験を通じて、社会との接点と学生としての役割を見つけ、また地域の大人との触れ合うことで地域の中で子どもの見守り役の方を増やしていく。

②実施する内容
・夏休みの課題対策とキャンプ等のイベントを実施
・モチベーションアップのための研修会と合同勉強会
・地域の祭りや行事等へのボランティア参加

③実施日(期間)
平成28年10月27日 ジュニアドリームプロジェクト「親と子にとっての夢とは?」
平成29年1月30日 ジュニアドリームプロジェクト「子どもの成長に大切なこと」(チラシ

コメントは受け付けていません。